sp_headea_menu_icon

HIROKI YASUKAWA.COM

安川紘樹 ZAZEN代表 美容師 公式メディア

*

2015.07.30 コラム
気をつけている事。

私はどんなに忙しくても気をつけている事があります。

お客様は別に気にされてなかったりするかもですが…自分がされたらたぶん「嫌だなぁ。」と思うであろう事。

それは…

雑誌の出し方。

意外に適当に出しちゃってるパターンあるんじゃなかろうか。

改めてどんな小さな所作にもこだわりたい所。

【その一】

お客様にお出しする前に今一度髪が挟まってないか。の確認

髪を取り除き本棚に戻すよう徹底してますが、もう一度確認。

髪が挟まってる雑誌は気分よくないでしょう。普通の感覚として。

【そのニ】

両手で音を立てず「スッ」と置く。

この時に「少々お待ちくださいませ。」なんて笑顔で一声あれば完璧ですよね。

たまにいるんですよね…

片手で「バサッ」みたいな。そして無言で立ち去るみたいな。

えっ。怒ってんの?みたいな。

お客様に対してはもちろん、スタッフに対してもいい気分は与えません。

気をつけたい所。

【その三】

真っ直ぐ置く。

これはもう単純に”ピシッと”揃ってるほうが気持ちよいと思うんですよね。

たまにいるんですよね…

バラバラで揃ってない。

細かいのかなー…。

んでも、雑誌も真っ直ぐに置けないのにカットラインを真っ直ぐに切れるわけがねぇ!!と思ってしまいます。

いかがでしたか?

非常に細かい事かもしれません。しかし、もしかしたらお客様は心の中で思っているかもしれません。

「大事にされてないなぁ…」

と。

こういった細かな所にも意識を集中し、見直し、更に満足度を高めていく。

”自分がされたらどう思うか?””お客様目線になっているか?””お客様の立場になって考えているか?”

雑誌の出し方だけでなく、色々な事にいえる事だと思います。

忘れずに励んでいきたいと思います。

それでは。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Related

2015.6.21
若手スタイリストにアドバイスした話。

いや僕も若手なんですが…こんな相談を。 「お客様と会話が続かないんです…盛り上が …

2017.9.3
細やかな所にこだわりを。

おっ。 いつも実家に帰ってきたタイミングでご来店頂いているお客様がインスタにポス …

2016.10.7
10数年ぶりに自らの髪をカラーしてもらって、いろい

とんでもない白髪になっていたので… 超久しぶりにカラーを。 僕自身は黒髪をこよな …

2016.3.29
たしかに…でも普通に申し出て下さって大丈夫ですよ。

劇団ひとりが語った美容師と会話しないテクニックに感心 – ライブドア …

2017.9.16
【床屋さんが消えていく!?】んでも美容室のようなオ

こんな記事が。 床屋さんが消えていく 理容師志願者も「過去最低」 理容師国家試験 …