sp_headea_menu_icon

HIROKI YASUKAWA.COM

安川紘樹 ZAZEN代表 美容師 公式メディア

*

2018.02.09 キュレーション
「何が売れそう」ではなく「本質的に求められているもの」を

USJ再生の森岡毅が語る「マーケティングの知識、経験、予算がない企業がすべきこと」

瀕死のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)をV字回復させたことで知られる稀代のマーケター・森岡毅氏。2017年に独立しマーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立した森岡氏が、「森岡流マーケティング発想」を解説する短期連載。最終回は「大企業にも中小企業にも通用するマーケティングの基本と本質」について語る。

うーん。とても素晴らしい記事。

たとえば、私はUSJにいた頃、「人はなぜ、テーマパークに行くのか?」ということをずっと考えていました。お客様が買っている「本質的なwhatとは何なのか」を掴みたかったからです。

 もともとUSJは「映画のテーマパーク」という面にこだわって運営してきました。それがUSJであり、それを変えてはいけないと、誰もが思い込んでいたのです。

 しかし、お客様がテーマパークに求めている、本質的なwhatとは何か。そんな問いに真正面から向き合ったとき、違った景色が見えてきます。

 人がテーマパークに求めているのは、忙しく、ストレスフルな日常から離れ、エキサイティングな体験をすることです。つまり、ドキドキ、ワクワクを求めてやって来るのです。それは昔も今も変わりませんし、「変えてはいけない部分」です。

 しかし一方で、ドキドキ感やワクワク感を満たす方法論は必ずしも“映画”でなくても、アニメでも、ゲームでもいいわけです。そこに行き着いたとき、USJにとって「変えてはいけないもの」と「変えてもいいもの」が見えてきました。

そう。

美容室も同じ。

人は何故美容室に来るのか?

その本質とは?

しかもその答えは1人1人違う。

「変えてはいけないもの」と「変えてもいいもの」とは?

私もずっと考え続けています。

「何が売れそう」ではなく「本質的に求められているもの」を。

追求していきたいものです。

Related

シュプリームのバリカンとかちょっと気になるやん

おぉ!! 「シュプリーム」がバリカンを発売 「シュプリーム(SUPREME …

1月、2月に暇な美容師必見!!本物の人気者になるに

1月が始まり、12月とは打って変わって暇になっている美容師さんもいらっしゃるので …

美容師の年収と給料の話。

なにやらこの記事が賑わってますね。 美容師の年収と給料の話。この生きづらい現実か …

ファミマにブランド一本化 サークルK、サンクス消滅

ファミマにブランド一本化 サークルK、サンクス消滅へ – スマホ版 …

勇気もらった記事。

ブログって何が難しいか?って… | Naoto Kimura http://na …